次期社長に経営権を譲渡|事業承継の方法を徹底解説

小売店の効果的な管理

タブレット

小売店を経営するときには、顧客管理が重要なポイントになりますが、その中心となるものに、POSシステムを導入すると、より効率よく実施することができます。POSシステムは、レジを使って販売実績を管理するものになりますが、ここに顧客管理の要素を追加するわけになります。一番簡単な方法は、POSレジシステムでよく搭載されていますが、購入された商品をレジに打ち込む際に購入した方について合わせて入力するのです。入力する内容は、性別や年齢層はもちろん、購入された時間帯などになるのですが、これで顧客層毎の履歴が把握できるわけです。これを一歩進めてより顧客管理課するには、やはり会員カードなどとPOSシステムを連携させることになるのです。会員カードを作成するときには、顧客のより細かな情報を記入してもらうことになりますので、店舗側としては効率よくさらに正確な情報を入手することができるのです。お会計をしてもらう際に、この会員カードを提示してもらい、その情報と購入実績を紐づけるということになります。これにより、顧客管理として重要な販売実績を集めることができ、その実績をもとに新たな販売施策を打つことができるのです。また顧客管理システム上での分析から、何時ごろにセールを打つとより販売実績が上がるかということも考えられるようになります。このようにPOSシステムを導入する際には、顧客管理システムと連携することで、より効果的な小売店経営が可能になるのです。