次期社長に経営権を譲渡|事業承継の方法を徹底解説

医者の資産運用

ドクター

資産を減らさない方法

医師は国家資格で、人の命を救ったり病気の治療をする大切な職業です。このため独立して個人医院を開業したり、大病院に勤めながらアルバイトをかけ持ちする等すれば非常に安定した大きな収入を得ることができます。しかし多くの医師は医療については詳しくても、得た収入の資産形成まで忙しくて考えが及びません。折角苦労して得た高額な収入も上手に資産形成しなければ目減りするばかりです。ここでは医師の資産形成について知っておきたい基礎知識を幾つか紹介します。資産形成はお金をどう運用するかです。大抵の医師は収入が高い分所得税を多く支払っているため、まずは節税することが資産形成には有効です。勤務医の方ならサラリーマンと同じ方法で様々な税金控除を上手に活用しましょう。個人医院を経営されている方は、経費で落とす方法があります。医療関係の書籍購入や各種研修費用等落とせそうなものは経費化しましょう。次に貯蓄を銀行に預けるだけでなく上手に資産運用することです。現在の低金利時代では銀行に預けても元本保証というメリットはありますが、利子による収入は見込めません。そこで資産を貯金だけでなく、株式や不動産、保険に分散して資産形成する方法が有効です。それぞれの資産運用にはメリット、デメリットがありますので上手に資産を分散してリスクを回避しましょう。例えば株式はハイリスクハイリターンのため割合を少なくし将来安定した収入が見込める保険の割合を増やすなど対策をとって下さい。