次期社長に経営権を譲渡|事業承継の方法を徹底解説

必要な準備と開業資金

先生と女の子

お金と初期経営の大切さ

独立して学習塾を始める場合には、開業前に塾を開く予定の地域の学習到達度と教育機関の地域性を調べておきましょう。また同じ地域にいくつの教室があって、どんなサービスを展開しているのかリサーチして備える必要があります。小学生から高校生までの生徒に対応する教室にするのか、高校生向けに限定して教室を開くのかによって、備えておくべきことがかなり変化します。小学生特化の塾にする場合には学校でどのような学習を進めていくのか教育委員会で公表されている情報に目を通しておく必要があります。特に独立した学習塾の場合は成績につながらなければ生徒がやめていってしまうため、目に見えてテストの結果が良くなるように、日頃の予習と復習が大切になります。独立するためには生徒に合わせた教材と設備を用意する必要があります。高校生向けの教室の場合は、小学生向けの教室の3倍ほどはコストがかかり、高校生が集まる可能性は低くなるため新規開業の塾にはあまり向いていないターゲッティングです。独立当初には簡単に生徒は集まらないため、たとえ生徒一人あたりに得られる利益は低くなっても小中学生向けの教室にして経営していくと教室を軌道にのせやすいです。教室を借りて起業する場合は、設備や教材を含めて120万円はないと余裕がなく、この資金だけでは2カ月すると経営難になります。できるだけ早めに生徒を10人以上集められるようにすると利益が集まりやすいため、宣伝や集客は事前に始めておくと効果的です。